米Ford Motor社は2015年5月27日、3Dプリンターで製作した吸気マニホールドをレースカーに使用していることを明らかにした。

炭素繊維製プレナム付きの吸気マニホールドを3Dプリンターで製作し、排気量3.5Lの「EcoBoost」レーシングエンジンに搭載する。

このEcoBoostエンジンを搭載したレースカーでChip Ganassi Racingチームが2015年1月に開催されたデイトナ24時間レースで優勝している。

今後も3Dプリンターを利用した部品製作はマニホールドに限らず、他の部品でも製作し実際のレースに利用できるようになった。

Ford社、3Dプリンター製の部品を実際のレースカーに使用
Ford社、3Dプリンター製の部品を実際のレースカーに使用