3Dプリンターの活用で身近になる漆器造り

日本で古くから使われている漆器は、生活スタイルの変化等で近年は使われる又は作る機会が減っています。 木を削り作り出される漆器は素人が簡単に作れるものではなく、自分で作るにはハードルが高い。 木工の技術と漆の技術の両方が必要だからである。

近年では3Dプリンターが身近になり、漆塗りのでも活用され始めました。

3Dプリンターの漆器への活用

通常漆器など、漆塗りは木製工作物に漆を塗り重ね製作していくが、最近では3Dプリンンターを活用しての漆塗りの作品を作成する人がふえているようだ。 3Dプリンターで原型を作成し、離型材を塗り麻布に漆を塗っていくことで綺麗な形状の漆器が完成できる。

特徴としては、木工の技術が無くても薄口の漆器が完成できることだ。 小ロットの量産も可能になる

原型を分割出力することで、アンダーカット 逆勾配 勾配 抜けの問題も解決が容易になる。

3Dプリンター活用の新しい可能性が見えてくる。

乾漆造り 3Dプリンターを活用
乾漆造り 3Dプリンターを活用